きょうの運。運がいい日、悪い日の目覚め方

Sponsored Links




目覚めでわかる、その日の運・運が悪い日の過ごし方

目覚めでわかる、その日の運
運のよいとき、悪いときの目覚め方は違います。

運のよいときは、体が軽く痛みがない。
すぐに起きることができる。
朝からさわやかな気分。
よい夢をみた感じがする。
夜中目覚めなかった。
運の悪いときは、

体がだるく痛みがある。
体が重くすぐに動けない。
気分が悪い。死んだ方がいいと思うこともある。
悪い夢をみた感じがする。
夜中何度も目が覚めた。
運が悪くなってしまった原因はなんでしょうか?それはきっと…

寝る前に心配事があった。
気持ちがネガティブになっていた。
前日に覇気がない人に会った。
寝る前にネガティブな映像を見た。
食べ過ぎた、飲みすぎた。
嫌な雰囲気(波動)の場所で寝た。古くて気持ち悪い旅館やホテルなど。
お風呂に入らなかったので、前日の疲れをそのまま次の日に持ち越してしまった。
などといったことかもしれません。

運が悪い日の過ごし方

朝、起きて運が悪いと感じたら、その日の午前中まではいろいろな健康法や開運法をやってみましょう。

私の場合は、すぐにシャワーに入ります。そして「私は光です。輝いています。いつもありがとう、感謝します」と、よい言霊フレーズを10分繰り返します。さらに元気が出そうなサプリなど「ビタミンB」を摂り、温泉水や水素水をがぶ飲みして、おしっこを多めに出します。そのほか首が固くなっていることが多いので、貼るお灸を首や肩につけます。

普通、午後になれば流れは変わります。変わらないときには、夕方まで続けます。それでも調子が戻らないときには夜まで続けます。それでも戻らないときには、しっかりと湯船につかり、何も考えない状態を10分でもよいのでつくることです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク