テレワークで住んでみたい街

会社から完全テレワークが言い渡されたら、どの街に住みたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いたところ、1位は「那覇市」(21人)であることが、AlbaLink(東京都江東区)の調査で分かった。

 「那覇市」と答えた人からは「周りにきれいな海があり、少し足を伸ばせばもっとゆったりできる場所がたくさんある一方、生活にも困らないくらいお店などがあり、不便ではないため」(40代女性)、「以前から沖縄に住んでみたいという思いがあるのと、那覇だと生活環境も充実していると思うから」(30代男性)といった声があった。

 2位は「鎌倉市」(17人)、以下「福岡市」(16人)、「札幌市」(12人)、「軽井沢」(11人)、「熱海」「京都市」(いずれも10人)、「神戸市」「仙台市」「大阪市」(いずれも9人)という結果に。

 「都心に近い有名な避暑地」や「利便性がよく住みやすい人気都市」がランクインしたことに対し、「テレワークといえど、完全な田舎よりも程よい都会や利便性の良い地域が好まれる傾向にあるようだ」(AlbaLink)。また、トップ10に東京都の市区町村がランクインしていなかったのは、「仕事に関係なく住むのであれば、東京での生活はコスパが悪いと考えた人が多いからなのかもしれない」とコメントした。

●テレワークになったら住みたい都道府県

 次に、テレワークになったら住みたい都道府県を聞いたところ、トップは「神奈川県」(58人)。「市町村部門2位の鎌倉市だけでなく、ランク外ながらも横浜市(8票)や小田原市(6票)など、都会と避暑地ともに人気の市区町村を数多く抱えているのが主な理由と考えられる」(AlbaLink)

 2位は「東京都」(56人)、以下「沖縄県」(56人)、「静岡県」(40人)、「長野県」(33人)、「兵庫県」(27人)、「北海道」(25人)、「大阪府」「埼玉県」(いずれも22人)、「福岡県」(19人)と続いた。

 市区町村部門で、東京都はランクイン外だったにもかかわらず、2位という結果に。票の内訳を見てみると、渋谷区(6票)、新宿区(6票)、世田谷区(5票)、杉並区(4票)といった23区内だけでなく、八王子市(2票)、小笠原村(2票)、八丈島(1票)など23区外の地域からも幅広く票を集めた。

 インターネットを使った調査で、全国の男女500人が回答した。調査期間は1月12日から19日まで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク