3月は1年を通してクルマがもっとも売れる時期

Sponsored Links




3月中に売り切ってしまいたい理由とは
 3月は1年を通してクルマがもっとも売れる時期です。新生活に備えてクルマを購入する人が多いことや、多くの企業が決算期ということもあって、クルマの広告があふれお店もたくさん売りたい時期です。

 売れる時期だからクルマの値引きも期待できないという考えもある一方、反対に3月はお得といわれることもあります。

なぜなら、決算で販売店としてはクルマをたくさん売りたい時期であると同時に、手続き的に3月中に売ってしまいたい事情があるからです。いったいどういう事情があるのでしょうか。

なぜ合計価格と異なる金額となる? 価格の仕組みとは
 どの商売でも同じことですが、決算期にはたくさんの売り上げを積み重ねたいものです。自動車メーカーや販売店の決算は3月末が多く、決算に備えてクルマをたくさん売りたくなります。

 販売店は目標台数をクリアすることで得られる報奨金もあるため、販売台数を稼ぐためには大幅値引きをして、販売することもあります。そのため、3月は値引きが大きくなる可能性があります。

 とはいえ、クルマの場合は契約日ではなく、登録や届け出をして名義変更やナンバープレートが付いた日が基準となるため、手続きにかかる時間を逆算すると3月末ぎりぎりではなく、遅くとも1週間前くらいが契約のリミットになってきます。

 そして、新車の場合、希望のグレードやカラーのクルマが販売店の在庫にあることが条件です。これから製造するとなると、3月に入った段階では間に合わない可能性も高いです。中古車の場合も希望のクルマが売り切れてしまう可能性もあります。

 次に中古車店では、決算期以外に3月ならではの事情として、4月1日に所有していると自動車税がかかるため、3月中に新しいオーナーの名義にしておきたいということがあります。

 とくに軽自動車の場合は、月割などの制度がなく、4月1日時点の所有者にだけ請求されます。販売店としても売り切ってしまいたいところです。

 また、車検が残った中古車の場合、仕入れたクルマの名義変更を保留しておき、売れた時点で変更する販売店もあります。

 3月中に買い手が見つかって新所有車に登録できればいいですが、もし、3月中に名義変更できなかった場合には仕入れ元に税金の請求書が届いてしまうことになります。

 そういった事情から3月中に販売店自身に名義変更などをする必要があり、手続きの手間がかかります。販売店にはクルマを3月中に売り切ってしまいたい事情がたくさんあるのです。

低価格車中古車が放出されることも
 自動車販売店が3月中に1台でも多くクルマを売り払ってしまいたい理由がわかりましたが、そのほかに3月の自動車売買にはどんな特徴があるのでしょうか。販売と修理の両方をおこなう自動車店に聞きました。

「例年、使い古した代車など価値のない在庫のクルマを処分しています。3月中に処分しておかないと自動車税の請求書が5月に来てしまいます。

 車検が残っていて廃車解体の手続きをすれば戻ってくるお金もありますし、解体すれば中古パーツとしてお金にもなるものもあります。

 ですが、解体した方が処分が簡単なクルマでも、走行にまったく問題がなく、解体してしまうには惜しいクルマがあります。

 安いクルマを探しているお客さまに声をかけてみたり、春は免許をとって練習用のクルマが欲しいというお客さまもいますので、要望があれば格安で販売することもあります。

 ネットオークションなどで格安車が3月頃に出現するというのもそんな事情があるからではないでしょうか」

低価格車中古車が3月に放出されることもある?

いずれにしても、3月はクルマが動く時期であることに間違いありません。販売店の売ってしまいたいクルマと、欲しいクルマがうまく合致すれば、値引きなどの好条件も期待でき、お得にクルマをゲットできそうです。

 また、クルマを購入するほかに、使わなくなってクルマを処分したい場合も、3月中に済ませておくと次年度の自動車税の請求がないないど有利です。

 とくに軽自動車は4月1日時点で課税され、4月中に廃車したとしても軽自動車税は戻ってきません。今後も使う見込みがないなら、3月中の廃車や売却を検討するとよいでしょう。

 なお、3月は名義変更や廃車、一時抹消などの手続きで、陸運支局は一年でもっとも混み合う時期です。現在のコロナ禍において3密を避けるという意味で、時代に逆行しているとディーラーや中古車店の声もあります。

 現在の手続きや税制は長年変わっておらず、こうした事態をきっかけに、抜本的な見直しが必要なのかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク